福岡大同青果株式会社 > 品目 > セロリー

セロリー

DSC07297-1

特徴

「セルリー」や「セルリ」「セロリー」とも表記され、和名は「オランダ三つ葉」という。主に流通しているものは香りの弱い「中間種」で、ほかに「緑色種」や「白色種」などがある。産地移動やハウス・トンネル栽培により一年を通して国内産が出回り、冬春セルリー(12~4月)と夏秋セルリー(7~10月)の時期がある。サラダでの消費が一般的だが、スープや煮物、漬け物など食べ方はいろいろある。

主な産地
福岡、長野、静岡

選び方

茎が太く、長く、丸みがあるもの。葉の色が濃くみずみずしいもの。

保存方法

セロリーは葉の部分から水分が失われやすいので、葉と茎は切り離してそれぞれビニール袋に入れて野菜室で保存。茎は立てた状態が良い。

入荷時期

産地1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
福岡 詳細
主な入荷産地は、JAみなみ筑後で西日本最大の産地でもある。
長野 詳細
主な入荷産地は、JA信州諏訪。
入荷時期旬の時期

市場休開市カレンダー

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

赤字 は休市日
    は臨時休市日        は臨時開市日

お問い合わせはこちら