福岡大同青果株式会社 > 品目 > 甘藷

甘藷

IMG_4809

特徴

日本では昔から食料不足の際の救世作物として知られており、馴染み深い野菜の一つである。ねっとりとした食感で近年人気が高まっている「紅はるか」や「安納芋」といった高糖度系さつまいも、ホクホクとした食感が特徴の「紅あずま」のように用途に応じてさまざまな品種が開発されている。貯蔵物の方が、新物に比べ適度な水分の蒸発により甘みが強くなることが知られている。

主な産地
大分、宮崎、鹿児島、熊本

選び方

皮にツヤがあり、表面がなめらかなもの。表面に傷や黒い斑点がないもの。ひげ根の穴が浅いもの。切り口に密が出ている物は糖度が高い。

保存方法

乾燥と低温に弱いため、新聞紙に包んで冷暗所にて保存。切ったものは、ラップで包み野菜室にて保存可能だが、早めに使い切るのがベスト。

入荷時期

産地1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
大分 詳細
主な入荷産地は、JA全農おおいた。大分県が定めている一定の基準(①品種が紅はるかで収穫後、一定の温度条件下で40日以上貯蔵したもの。②糖度検査を実施の上、チェックをクリアし、全農おおいたを通じて販売されたもの。③種苗にはウイルスフリー苗を必ず使用しているもの。)を満たしたものだけが「甘太くん」と呼ばれ、大分県独自のブランド甘藷として出荷されている。
宮崎 詳細
主な入荷産地は、JA串間市大束。収穫は初夏から秋にかけて行なわれ、秋に収穫した甘藷は貯蔵庫で保管することで、ほぼ1年中出荷が行なわれている。6月~8月の時期に新物、9月~11月の時期に普通掘り(貯蔵していない芋のこと)、12月~翌年5月の時期に貯蔵物を出荷している。
鹿児島 詳細
主な入荷産地は、JA南さつま。出荷時期は周年だが、6月~8月の時期に新物、9月~11月の時期に普通掘り(貯蔵していない芋のこと)、12月~翌年5月の時期に貯蔵物の出荷をしている。
熊本 詳細
主な入荷産地は、JA菊地。7~8月の出荷はなく、9~11月の時期に普通掘り、12月~翌年6月まで貯蔵物の出荷をしている。
入荷時期旬の時期

市場休開市カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

赤字 は休市日
    は臨時休市日        は臨時開市日

お問い合わせはこちら