福岡大同青果株式会社 > 品目 > アボガド

アボガド

DSC00718

特徴

原産地は熱帯アメリカで、5000年以上も前から栽培されており、日本へは100年ほど前に伝わった。「森のバター」とも呼ばれるほど濃厚な風味があり世界一の栄養価を誇っていることが特徴。統計上は果物に分類されるが、その食味に甘みはない。カロリーは高いが、植物性脂肪が多く含まれているため近年高まっている健康志向にもマッチした青果物。

主な産地
メキシコ

選び方

果皮の色が緑と黒の中間くらいのもの。皮にツヤとハリがあり、触ったときに皮が浮いていてふかふかしていないもの。

保存方法

未熟のもの(果皮の色が緑っぽい)は常温で、熟したもの(果皮の色が濃いもの)はビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室にて保存。カットしたものは種を取り除いて、切り口にレモン汁をかけてラップをし、冷蔵庫に入れることで果肉の変色を防いで保存することが可能。

入荷時期

産地1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
メキシコ
入荷時期旬の時期

市場休開市カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

赤字 は休市日
    は臨時休市日        は臨時開市日

お問い合わせはこちら