福岡大同青果株式会社 > 品目 > いちご

いちご

IMG_1328

特徴

果物の中でも圧倒的に人気のあるいちご。かつては東の「女峰」、西の「とよのか」と言われるほどだったが、今では世代交代が進み、現在市場に出回っている主な品種は非常に増えている。より大粒に人気があるようで「アイベリー」や「あまおう」などの大粒品種は市場評価も高い。

主な産地
福岡、佐賀、長崎、大分

選び方

全体にツヤがあり、ヘタが青くてピンっとはりのあるものが新鮮。

保存方法

収穫後から熟度が急速に進むので購入後はなるべく早く食べるようにする。表面が軟弱なので取扱いには十分に注意し、冷蔵庫の野菜室で保存。食べる直前にボウルに流水を注ぎ、いちごをしばらく浸したあと、ふり洗いをする。

入荷時期

産地1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
福岡 詳細
福岡県はオリジナル品種の「あまおう」を含め栽培面積・生産量で全国2位
2013年現在「あまおう」を栽培・販売できるのは基本的に福岡県内の生産者だけに限られている。これは福岡県のブランドを育成することが目的で品質を低下させないよう栽培管理がしっかり行われている。
主な入荷産地は、JAふくおか八女、JA福岡市、JA糸島 など。
佐賀 詳細
「さがほのか」、「さちのか」を主に生産。
主な入荷産地は、JAからつ、JAさが白石地区 など。
長崎 詳細
日本の最西端に位置する長崎県は、温暖で日当たりもよく、いちごの栽培に適した産地。
主な入荷産地は、JA島原雲仙、JA壱岐市 など。
大分 詳細
沿岸部の温暖な気候を活かし、かつ暖房や夜間照明を調節したハウス栽培が行われている。作業の負担を軽減するために、腰の高さにいちごが実る大分方式高設栽培を導入していることが特徴。主な入荷産地は、JA大分豊肥事業部など。
入荷時期旬の時期

品目一覧

市場休開市カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

赤字 は休市日
    は臨時休市日        は臨時開市日

お問い合わせはこちら