福岡大同青果株式会社 > 品目 > きんかん

きんかん

DSC05351-1

特徴

金柑とは、見た目はミカンを小さくしたような2cmほどの大きさの柑橘類。柑橘類の中で一番小さい種類で他の柑橘類と異なり「キンカン属」として独立している。

特徴は食べ方にもあり、皮付きのまま生で食べることができる。主に、食用の金柑は「寧波(ネイハ・ニンポウ)」という品種。その他にも「丸きんかん」「長寿(福州)」「長実」は加工や鑑賞用。「豆金柑」は主に鑑賞用。

金柑は、ほろ苦い皮と甘酸っぱい果肉のハーモニーが美味しく、生でそのまま食べるのが、もっとも美味しい食べ方。皮のほろ苦さが苦手な方は、甘露煮がお勧め。

主な産地
宮崎、熊本

選び方

オレンジの色が濃く、粒が大きく重みのあるもの。また、色つやがよく皮のきめが細かくてなめらかなもの。

保存方法

完熟の金柑は食べ頃になって出荷(販売)されているので、それほど日持ちがしない。袋に入れて冷暗所か冷蔵庫で乾燥しないように保存すると良い。

入荷時期

産地1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
宮崎 詳細
宮崎県が定めている一定の基準(直径2.8cm以上の大きさと糖度が16度以上)を満たした完熟きんかんだけが「たまたま」と呼ばれ、さらに、直径3.3cm以上で糖度が18度を超えるものは「たまたまエクセレント」として宮崎県のブランドとして出荷されている。主な入荷産地はJA宮崎中央、JA串間市大束
熊本 詳細
完熟ハウス金柑の「夢小町」は、JAかもとのブランド品として出荷されている。
鹿児島 詳細
ステビアを使った栽培方法で糖度は平均18度の完熟きんかん。主な入荷産地はJA北さつま
入荷時期旬の時期

市場休開市カレンダー

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

赤字 は休市日
    は臨時休市日        は臨時開市日

お問い合わせはこちら