福岡大同青果株式会社 > 品種 > 巨峰

巨峰

特徴

果皮は紫黒色で粒が大きい。「石原早生」と「センテニアル」の交配品種。糖度が高く果汁が多いことで消費は定着。巨峰はブドウの中で国内生産量が最も多い品種。巨峰はもともと種がある品種だが、近年では種無しの方が好まれる傾向にあるため、ジベレリン処理された種無し巨峰が多く栽培されている。

産地別入荷時期

産地1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
福岡 詳細
5月~8月上旬までハウス栽培。8月中旬~露地栽培。主な産地はJAふくおか八女、JAにじ、JA直鞍。
大分 詳細
県内で最も多い品種で、最近では無核化の栽培も進んでいる。
山梨 詳細
種無し巨峰のみの入荷で主な産地はJAこまの。
長野
入荷時期旬の時期

市場休開市カレンダー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

赤字 は休市日
    は臨時休市日        は臨時開市日

お問い合わせはこちら