福岡大同青果株式会社 > 品目 > 干し柿

干し柿

32-1

特徴

干し柿に使われる柿は、そのままでは食べられない渋柿だが、乾燥させることによって渋味が抜け、甘みが強くなることから食べられるようになる。干し柿の種類は大きく2つあり、果肉の水分量を25~30%までに乾燥させた枯露柿(ころがき)と水分量を50%ほどと軽めに干したあんぽ柿に分けられる。乾燥させずにそのまま食べる甘柿とは風味や食感が大幅に異なる。また、干し柿でも干し具合によっては食味や食感、名称も変わる。主に、お歳暮の贈答品やお正月商材としての需要が高い。

主な産地
佐賀、熊本、島根、長野、山梨

選び方

水分が25~30%の枯露(ころ)柿の場合、白い結晶が全体的についており、しっかりと身の締まったもの。水分50%のあんぽ柿といった軽めに干した干し柿は鮮やかなオレンジ色で、やわらかさのあるもの。

保存方法

乾燥が進み白い粉が発生した干し柿は、水分量が少なく糖度も高いため、1~2ヶ月間の保存が可能。寒い地方ではビニール袋に入れて常温で保存可能。温かい地方では冷蔵庫の保存がおすすめ。あんぽ柿など水分が多い半乾燥の干し柿は、15℃~20℃の温度で5~10日間の保存がきく。

入荷時期

産地1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
佐賀
熊本
島根 詳細
主な入荷産地は、JAしまね。あんぽ柿の主要産地である。島根産のあんぽ柿は、西条柿という県内で栽培面積日本一を誇る特産柿を原料に作っている。水分の少ないこれまでの干し柿と違い、乾燥度を50%程度に抑えて作ったあんぽ柿は鮮やかな色合いとそのジューシーさが消費者に受け、生産量は年々増加している。JAしまねでは、県を代表する「西条柿」一つ一つを丁寧に手作業で皮を剥き、機械による強制乾燥により半生に仕上げている。
長野 詳細
主な入荷産地は、JAみなみ信州。県のブランド品種「市田柿」の生産量は全国1位を誇る。2016年7月12日には国から「この地域ならではの食品」としてGI(地理的表示)に登録されている。
山梨 詳細
主な入荷産地は、JA南アルプス市。
入荷時期旬の時期

品目一覧

市場休開市カレンダー

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

赤字 は休市日
    は臨時休市日        は臨時開市日

お問い合わせはこちら