福岡大同青果株式会社 > 品目 > ミニトマト

ミニトマト

DSCN0992

特徴

一口サイズの小玉のトマト。別名プチトマトともいう。品種によって、表皮の色は赤以外にも黄色やオレンジのものなどカラフルである。小玉サイズであることから、栄養価や糖度が中にぎゅっと詰まっており、普通のトマトに比べ高い傾向にある。

主な産地
福岡、大分、熊本、長崎、宮崎

選び方

ツヤとハリのある新鮮なもの。色が濃く鮮やかでヘタ部分が枯れておらず、きれいな緑色をしているもの。表皮に傷や割れ目がないもの。

保存方法

室内温度が25℃以下の場合、通気性の良いザルの上に置き常温にて保存。25℃以上の場合にはヘタをとってキッチンペーパーを敷いたタッパに入れて野菜室ではなく、冷蔵庫にて保存。

入荷時期

産地1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
福岡 詳細
主な入荷産地は、まる神出荷組合。
大分 詳細
主な入荷産地は、JAおおいた竹田支店。県内各地で、緑肥を使った土作りにより安全安心なミニトマトの出荷に向けた取り組みをおこなっている。夏秋期には九重町や竹田市などの標高の高い産地でも栽培がおこなわれることから年間を通しての生産が可能となっている。
熊本 詳細
主な入荷産地は、うき協連、JA上益城。昼夜の気温差が大きい高冷地である上益城郡山都町のミニトマトは、こまめな手入れや水分量、換気など細心の注意を払って育てられます。生産者からの愛情を一身に受けることで、ストレスなく育ったミニトマトは甘みが強く栄養価も高いため、消費者からの人気も得ています。
長崎 詳細
主な入荷産地は、JA島原雲仙、JA長崎西彼琴海支店。
宮崎 詳細
主な入荷産地は、JA日向、JA尾鈴。冬場の温暖な気候と豊富な日照量を活かしたハウス栽培が盛んにおこなわれています。
入荷時期旬の時期

市場休開市カレンダー

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

赤字 は休市日
    は臨時休市日        は臨時開市日

お問い合わせはこちら