福岡大同青果株式会社 > 品目 >

IMG_6370

特徴

濃厚で口当たりが良く香り高い桃は、大人から子どもまで人気の果物。大きくは、果肉が白色の白肉腫(白桃)と黄色の黄肉腫(黄桃)に分けられる。白肉腫は、柔らかく多汁で甘みも強いので生食に向いており、一方で黄肉腫は果肉がかたく酸味が強いため主に缶詰などの加工品用として使われることが多い。

主な産地
福岡、佐賀、山梨、福島、長野

選び方

ふっくらとした丸みがあり、表皮に傷がなく全体的に紅く色づいているもの。色づきが濃ゆければ濃いほど甘く食べ頃。また、果皮全体にうぶ毛があって、香りが強くお尻部分の青みがとれて色が白くなっているもの。

保存方法

果肉がかたく、まだ熟していないものは新聞紙で包み風通しの良いところで常温保存。冷蔵庫に入れる場合は、乾燥を防ぐため新聞紙やポリ袋、ラップなどを利用して野菜室にて保存。

入荷時期

産地1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
福岡 詳細
主な入荷産地は、JAふくおか八女などの県南部。桃の生産に最適な西南暖地の気候を活かして主に、そのおいしさからも人気のある「白鳳系」品種を栽培しています。
佐賀 詳細
主な入荷産地は、JAさが本所。栽培をする上で工夫を施した作業をおこなっています。それは、冬場の剪定作業、木々の健康状態に合わせた肥料の散布作業。開花前には花の蕾を取り除く摘蕾(てきらい)作業をおこない、開花に必要な貯蔵成分を残した花のみに栄養を与えられるよう制限をかけます。また、木の近くに相性の良い樹を植えたり、毛ばたきを使い人の手による受粉促成作業もおこなっています。桃の柔らかい実を傷つけないように優しく、そして要領の良い収穫を心がけています。
山梨 詳細
主な入荷産地は、JA南アルプス市。日照時間が日本一長いことから桃の生産量全国一の県で、毎年80種類以上もの桃が出荷されています。山梨特有の水はけの良い土地柄が育んだ桃は高糖度で強い甘みがあります。
福島 詳細
主な入荷産地は、JAふくしま未来。全国でも有数の桃の産地である。盆地特有の夏は暑く、冬は寒いという気候に加え、朝晩の寒暖差の激しさが本来の甘みを引き出し、着色良好の桃を生み出しています。
長野 詳細
桃の収穫量全国3位の県。
入荷時期旬の時期

市場休開市カレンダー

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

赤字 は休市日
    は臨時休市日        は臨時開市日

お問い合わせはこちら